スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み 8月15日 群馬→ホームフィールド編

夏休み最終日です。
群馬でカワちゃんを探し、それから帰るというプランを立ててみました。
制限時間は正午まで。
あっちこっちと走り回り、なんとかカワちゃんが居るスポットを探し当てました。
見つけた時は、かなりの至近距離に居まして
そこから飛び出して、至近距離でのホバ!
カメラはセットしてませんでしたので、写真は撮れませんですぃた...
至近距離のホバをゲットしてやる!と意気込み、そこにカメラをセット。
流石は野生児カワちゃん。
2度と近くには来てくれませんでした。
カワちゃんが常備留まる枝まで、ざっと100m程はありますでしょうか?
600mmにテレコン付けてもカワちゃん小っさ!!!
遠過ぎて、全然解像してくれないし(笑)
1K6H4514.jpg
赤丸の中央にカワちゃん居ます。
どうです?小っさ!でしょ?(爆)
最終的には3羽を視認しました。
頻繁に追いかけっこしてましたけど、遠過ぎて撮れず...
近場で撮れそうな場所を発見しましたが、そこでは「留まり物オンリー」になりそう。
どうせなら飛び物も撮りたいし。
また時間があった時には、来てみたいスポットです。
一応の目的は果たせましたので、渋滞を考慮して早めに帰路につきます。
サクっと地元に帰ってきたので、ホームフィールドへ(笑)
久々のホームでのカワちゃん撮影ですよ♪
激しい暑さに耐え忍び、カワちゃん待ちます。
そこで「超カワセミレーダー」が発動!!!
相方と座って話してる途中...
カワちゃんキタ!と脳裏によぎる。
すかさずカメラの前に。
スゲー!本当にカワちゃん飛んできたよ!!!
ニュータイプミノン誕生の瞬間です(笑)
でも、あまり好きではない枝にポツリと留まるカワちゃん。
20分くらい動かないし...
やっと動きだし、他の枝に。
1K6H4558.jpg
他枝へ移動中のカワちゃん。
流し撮り~。
超ド逆光は撮り難いっす(^_^;)
久々でレンズが振り切れません...
フレアー全開で、色が出ないし...

1K6H4619.jpg
またまた超ド逆光。
もっと弱い光で撮りたいー!!!
微妙に被写体ぶれしてるし。

1K6H4640.jpg
お魚ゲット!
水しぶきは逆光が綺麗(笑)

1K6H4649.jpg
横っ飛びカワちゃん。
やっぱり超ド逆光。

1K6H4668.jpg
餌獲りで戻るカワちゃん。
またまた超ド逆光。

1K6H4783.jpg
プチ横っ飛びしたカワちゃん。
すぐにブレーキ掛けて、着地。
何の為に飛んだのかわからん...

1K6H4496.jpg
相方。


久々にホームフィールドで撮影しましたが、改めて素晴らしい環境だなって思いました。
でも、他のフィールドも刺激的で楽しかった~♪
また色々と他のフィールドも調査していこう!


EOS-1D MarkIII
SIGMA 15mm 魚眼
Canon EF600mm F4L IS USM
スポンサーサイト

夏休み 8月14日 群馬編

夏休み2日目に、昨年行った群馬の水場へ行ってきました。
ちょっと距離のある場所で、しかも見下ろして撮る、暗いの三重苦!
でも数種類の鳥さんが見られるので楽しいスポットです。
景色も良いしね。
でもこの場所は、デジスコの方が良さそうかな?

1K6H4402.jpg
先ずは「ヒタキ系」
野鳥のDVDで観た、コサメビタキにそっくり。
でも普段観るコサメちゃんとは違うし。
正体は???
分からないので「ヒタキ系」で(笑)

1K6H4403.jpg
「ヒタキ系2羽モノ」
これも正体不明ね(笑)
誰か、教えてたもれ~!!!

1K6H4408.jpg
宇多田イカル。
いや、イカルさんです(笑)
西田イカルとも言う(言わない)
イカルさんが、一番見れたかな?
イカル2羽モノ。

1K6H4410.jpg
イカルとアカハラのコラボレーション。
コラボって言葉を使ってしまうのが学の無さを物語る(笑)
フツーに2羽モノって書けよ!

1K6H4419.jpg
シジュウカラの幼鳥と混ざっていた鳥さん。
ネクタイが無いから、シジュウカラじゃないと思うけど...
ヒガラやコガラっぽくもないし...
シジュウカラ若に決め!(違うかもね)

1K6H4421.jpg
ングイス。
ングイスと書いて、ウグイスと読む(読まない)
とても色が綺麗なウグちゃんでした♪

1K6H4425.jpg
オオルリ若さん。
大分色が出てきてますね。
来年には綺麗~な色になっているでしょうか?

1K6H4468.jpg
クロツグミ水浴び前。

1K6H4486.jpg
クロツグミ水浴び後。

1K6H4433.jpg
相方。

昨年と変わらず、素晴らしい環境でした。
いつまでも沢山の鳥さんで賑わう水場であってほしいものです。


EOS-1D MarkIII
Canon EF70-200mm F4L IS USM
EF600mm F4L IS USM

夏休み 8月13日 茨城編

茨城に行ってきました。
もちろんカワちゃん探しですぅ。
ポイントを探し、カワちゃん来るかな?と見ていると...
地元の人から「そんなトコにはいない」と言われました。
でも、カワちゃん来たもんねー!!!
嘘つきな地元のおばちゃんは嫌い(笑)

先ずは、カワちゃん待ちちぅに撮った写真。
1K6H4369.jpg
シギ。
何シギだか判らん...
調べたけど判らん...
誰か教えてたもれ~ <(_ _*)>

1K6H4323.jpg
ホオジロくんだと思う。
正面顔って、なかなかイカツイ!
空抜けなので、色出てないし...

1K6H4230.jpg
ウグイス飛び物(笑)
カワちゃんに備え、飛び物練習です!

1K6H4268.jpg
途中で、チョウトンボを見に行きました。
なかなか近くに来てくれなくて...
こんな写真しか撮れなかったぞぉ。
凄く綺麗なトンボですぃた♪

1K6H4236.jpg
茨城産のカワちゃんです(笑)
右上のトンボが気になってる?

1K6H4294.jpg
違う枝に留まってくれました。


このポイントは、水が少なく...
話しによると、近くの田んぼに水を引かれたそうです。
また水は増えると思いますので、頃合いを見てリベンジですね!
車も近くに停められ、撮影は楽でした。
まだまだカワちゃんポイントはありそうなので、また偵察に行きたいなぁ。


EOS-1D MarkIII
Canon EF70-200mm F4L IS USM
EF600mm F4L IS USM

セミの羽化

毎年恒例?となった、セミの羽化を撮影に行きました。
昨年に比べると、セミの量が多かった気がします。
気をつけて歩かないと、地べたを歩き回っている幼虫を踏んでしまいます(笑)
羽化の写真を撮る事で、初心に戻れる気がしているのです。
初めてカメラを手にし、初めて被写体として捉えたセミの幼虫。
そして、初めて応募したコンテストで入賞しました。
羽化を撮影していると、あの時の感じが甦ってきます。
気がつけば、2時間半は撮影していたでしょうか?
あの頃と比べれば、機材はグレードアップしています。
でも、機材が良ければ良い写真が撮れる訳ではないと感じた撮影だったかな。
いつまでも初心を忘れぬよう、毎年夏にはセミの羽化を撮り続けます。

今年の羽化のタイトルとして...
イナバウアー改め「セミバウアー」としておきましょうかね(笑)

1K6H4154.jpg
光源を取り入れ、神秘的にセミバウアー。

1K6H4171.jpg
バックを黒く、セミバウアー。

1K6H4176.jpg
ちょっと光源なセミバウアー。

1K6H4177.jpg
逆光セミバウアー。

1K6H4191.jpg
ライティングして正面からセミバウアー。

1K6H4196.jpg
セミバウアーファイナル。
そろそろ腹筋を使い、起き上がります。
ん?セミに腹筋あるの?

今回は、ライブビュー撮影。
ピントもシビアに決められるので、重宝しました♪

全てトリミング無し。

EOS-1D MarkIII

Canon EF100mm F2.8 Macro USM
EF70-200mm F4L IS USM

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。